Travel

パイレーツサマー2019東京ディズニーシー

昨年2018年のパイレーツサマーがものすごく楽しかったので、今年2019年もやってくれるということで張り切って行ってきました!!

GET WET! どのくらい濡れるの?

まず、ショーに参加するにあたってどの鑑賞エリアから見るかによって変わってきます。

写真黒太字の場所は日時によっては抽選が必要な場合もありますのでご注意ください。

まず、最もステージから近い赤いエリアですがずぶ濡れエリアです。

カッパを着ての参加者がほとんどですが、カッパを着ていてもものすごく濡れます。

靴は水没したのと同等、カッパから出ている足や顔も大雨を浴びたようです。

前からも後ろからも水をかけられますので避けることはできません。

特に注意をおすすめするのが荷物の対策です。

荷物を身につけたままカッパを着る、もしくは2重で袋に入れることをおすすめします。

私はカバンを大きめな袋に入れて入り口をテープで軽くとめましたが微妙な隙間から水は入り込み見事に袋の中に水がたまっていました。

次に緑のゾーン、こちらも濡れます。

水をかけられるのにホースでの噴射、海賊達によってバケツからかけられる水と、大砲からの噴射がありますが、緑のエリアでは特に大砲から噴射された水が頭から降りかかります。

ですので緑のエリアで鑑賞する場合も濡れ対策はされることをおすすめします。

黄色エリアはそこまで準備しなくてもショーを楽しめます。

できるだけ濡れずに鑑賞したい場合は黄色エリアを狙うといいでしょう。

少し濡れる程度で楽しめます。

濡れ対策準備

カッパは必須です。

着替えを持っていったとしても下着までずぶ濡れになると思います。

また、サンダルがあるといいでしょう。足元もずぶ濡れ覚悟です。

サンダルがなければショー鑑賞後濡れたまま歩くことになります。

ビニール袋も必須でしょう。

荷物を守ることに加えて濡れたものの持ち帰りにも必要です。

ずぶ濡れになっても楽しい!

シーの海上ショーはどこからでも見えますが

もし濡れたくない場合も海賊達が踊るステージが見える位置からの鑑賞をおすすめします。

やはり近くで一緒に掛け声をあげ、踊りながら水をかけられるのは最高に楽しいです!